「帰国便利帳」というフリーマガジンを頂いたので、見てみました。140ページ近くに及ぶフルカラー無線綴じのしっかりした装丁の情報誌です。全体的に子持ちの主婦を対象にしているようです。

広告が多いかな、と思って開いて見たのですが、数えて見ると意外と広告欄が少なく自社PRも含めて30ページ強(23%)しかありませんでした。無料ですがフリーマガジンの「広告だらけ」というイメージから一線を画した雑誌です。

≪帰国便利≫という名前ですが、お子さんが居て「帰国する意思がある」なら渡米したらすぐにでも手に取られると良いと思います。

それだけで終わってしまうとつまらないので内容を見た後、無料でも大丈夫なのか考えて見ました。

「帰国便利帳」の内容

記事

ほぼ、子供の教育一色です。表紙からして、「学校で英語教師と話す男女の学生」をイメージしていますし、キャプションも学校関係です。記事は全部で105ページあって、内85ページ(81%)が教育関係、7ページ(7%)は子供を持つ母親向けの記事です。他は、家、車、医療関係、引越し方法についての記事です。

僕の役に立ちそうなのは、車のページ1ページくらいかな、と思います。

広告

広告も学校や予備校などの教育関係が多いのですが、5ページ(広告の17%)を家の広告が占めています。帰国したタイミングで家を買う人が結構いるのでしょう、「家は買うべきか、借りるべきか」「無理なく返すには」というテーマの記事のあとに続いています。

留学生には関係ないですが、帰国するタイミングで買うかどうか迷っている人には、効果が高そうです。

インタビュー記事

巻頭に、薬丸裕英さんのインタビューが出ています。前号は堀ちえみさん、その前は山口智充さん、の巻頭インタビューが出ていたようです。薬丸さんは、お子さんが海外留学をしていたそうです。

教育関係の記事

日本で売っている雑誌には書いていないような、帰国子女のいろいろな事情について書いてあるので困っている人にはとても役立ちそうです。記事の半分は、学校のデータ集で実質的にこれがメインコンテンツなのかも知れません。全部私学なので、学生を呼び寄せたい学校と帰国後が不安な親の両方にとって良い記事だとは思います。記事内容は、学校から提出されたPR記事そのまま、な感じではあります。

マイナス点は、

  • 学校に通し番号が振ってあるのに、冊子中にもウェブサイト上にも以前掲載された学校が載っていないこと
  • ほぼ関東地方しか載っていないこと(他の号は知りません、見たのは18号です)
  • 学校の選定基準が良く分からないこと

特に一点目が痛いです。編集部に問い合わせをしたら、教えてくれるかもしれません。一冊300円+送料で送ってもらえるようですが、300円では印刷原価を考えるときつそうですので、単に考慮されていないだけかもしれません。

特徴

電通が毎年発行している「日本の広告費」の内容を「日本生活情報紙協会」が解説したページがあって、そこのデータを見ると「帰国便利帳」が如何に尖った存在かが際立ちます。(解析されているデータは日本国内のものに限られるので直接比較が適切とは言えません)

公称発行部数は、北米版35,000部、その他世界版70,000部です。

  • 世界中で配布している(データなし)
  • 7誌以上は発行している(9.3%)
  • 発行部数は、おそらく平均より少ない
  • たぶん(下記参照)会社の広告収入は1億円以上(22.7%)
  • 一回あたりの発行部数は少なめ(ただ、中央値より高いかもしれない)
  • 平均ページ数が多い(11.9%)

フリーマガジンの発行部数平均が大きいのは、タウンワークのような発行部数の多い雑誌がいくつかあるせいでしょう。

継続性?

冊子自体は、フリーマガジンですので無料です。取り寄せることもできます(日本へは不可)が、その場合は一冊300円に送料がかかります。

ウェブサイトには、広告料がいくらか、というのが公開されたページがありました。北米版とその他版の2種類があるそうで、今回と同じ広告量でその他版にも北米版と同じような広告が出るとすると、次号の広告料は40万ドル強だと思われますが、140ページの雑誌を11万部近く刷るとなると、日本のウェブサイトで適当に見て見ると、印刷代が65万円(単価@約60円)~、高いところでは単価@約300円はしそうです。輸送費がいくらかかるか知りませんが、全く適当に合計6万ドルとしたら、年2回発行しているので(地域情報誌を入れると8~9回発行)、この雑誌だけで年間65万ドルです。奥付では専属か分かりませんがスタッフ人数が15人+アウトソース7人でした。この「帰国便利帳」以外は、地域の日本人向け情報誌ですからこんなに収入があるかは分からないですね・・・。ウェブ版や電子版の追加収入が大きいのかも知れません。そもそも適当な計算なので、なんとも言えませんが、是非しっかり収入をだして継続して頂きたいです。

要望があるとしたら

僕には関係ないのですが、学校データベースだけ検索できるようにして頂けたらなと思います。

November 2017
Mo Tu We Th Fr Sa Su
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3

ログイン(DISQUS/Facebook/Twitter/Google)なしでもコメントでき、その場合管理人の承認後表示されます。