レモネード・スタンドというモノがあります。

言葉通りレモネードを売っているキオスクや移動売店のような簡易売店なのですが、アメリカではもう一つ、子供用のものという側面があります。

レモネード・スタンド

いつからある習慣なのかは分かりませんが、アメリカ(だけかは分かりません)では、レモネード・スタンドというのは普通の商売としての売店だけではなく、子供が小遣いを稼いだりするために開くものという認識があります。

A lemonade stand is a business that is commonly owned and operated by a child or children, to sell lemonade. The term may also be used to refer to stands that sell similar beverages like iced tea.
The archetypical version is made out of plywood or cardboard boxes; a paper sign on front advertises the lemonade stand.
出典:『Lemonade stand』(Wikipedia last modified on 15 August 2015, at 11:08)

ウィキペディアでは、典型的には子供がレモネードを売るものだけども、レモネード以外のアイスティーなどを売るものもレモネード・スタンドと呼ぶようです。ステレオタイプ的には、板かダンボールで店を組み立てて、紙の看板を置くというイメージのようです。

アメリカのAmazonでは、レモネードスタンド開設用キットが売られています。

Melissa & Doug Deluxe Grocery Store / Lemonade Stand

近くのホームセンターやおもちゃ屋では見たことがないので、それほど皆がやるもの、というわけでもないと思います。(ボーイスカウトやガールスカウトがいろんなものを売っているのは見るので、どちらかと言うとレモネードスタンドよりそちらのほうがメジャーなのかもしれません)

 Apple IIのLemonade Stand

Wikipediaの項目「Lemonade stand」は2006年に立ち上げられたものですが、もっとずっと昔からある習慣だというのを裏付けているのが、Lemonade Standという同名のゲームです。パソコンという概念が生まれる前の1973年にできたゲームで、子供がレモネード・スタンドを出して稼ぐというゲームです。

パソコン黎明期の1979年に故スティーブ・ジョブズ氏のApple IIに移植されてから、80年代までアップルコンピューターに標準でついてくるゲームだったそうです。今のコンピューターにはついていませんが、オンラインでプレイできるサイト(OMSI.EDUClassBrain.comCoolmath)がいくつかあるのと、カードゲームとしても売られています。

カードゲームをやったことがありますが、結構面白いです。ゲーム中のレモネードの値段が、一番高く設定しても一杯25セントなんて安いなあと思っていたのですが、1970年代に作られたゲームと思えば結構いい値段ですね。

Lemonade Stand(Amazon.com)レモネードスタンド

アレックスのレモネード・スタンド

日本語で「レモネード・スタンド」を検索すると、なぜか小児癌患者を支援するチャリティー団体のウェブサイトに行き当たります。

「Alex's Lemonade Stand」というエピソードが有名になったために、小児癌支援のためのチャリティーとしてレモネード・スタンドという名前を使っているようです。

アレックスは1996年生まれ2004年没の少女で、1歳になる前に神経芽細胞腫という癌に罹っており、闘病生活の間に「癌の子供を助けるため」小児癌の研究に寄付しようとレモネード・スタンドを立ち上げてお小遣い稼ぎをしました。

メディアに取り上げられて一大ムーブメントになり、アレックスがなくなるまでに100万ドル以上、その後アレックス・レモネード・スタンド基金が数千万ドルを集めています。

100万ドルを目標にしていたアレックスは8月1日に世を去った。それまでの間、彼女が考え出したアレックス・レモネード・スタンドは100万ドル以上の募金を集めた。アレックスは「When life gives you lemons, just make lemonade.」(直訳:「もし人生がくれるレモンがすっぱくったって、レモネードを作ればへっちゃら」[注])という言葉を残した。
注:英単語 lemon には、それ自体に否定的な意味合いがある。言葉の前段は、「どんなにつらい目に遭っても、」というようにも取りうる。
出典:『アレックス・スコット』(ウィキペディア 最終更新2015/3/4 17:48)一部改変しています。

同ウィキペディアによると、毎年6月12日に全米で「アレックス・レモネード・スタンド・デー」としてレモネード・スタンドを出したりして寄付を募っているようです。

 

レモネード・スタンドと当局

ただ、知識が少ない子供が店を出して飲み物を出してよいのかというと、最近は厳しくなってきているようです。

In some areas, Lemonade stands are usually in technical violation of several laws, including operation without a business license, lack of adherence to health codes, and sometimes child labor laws. Despite this, prosecutions of lemonade stand operations are extremely rare, and when lemonade stands are shut down by authorities, the events can make national headlines in the country it occurred.(この部分は要出典とマークされています)
出典:前出Wikipedia(一部改変しています。)

免許なしで飲食店を経営することになるので違法だということ、飲食店に求められる衛生管理ができていないこと、さらに場合によっては違法に子供を働かせていることになる場合もあるそうです。ただ、摘発されることは稀で摘発した場合には全国ニュースに速報で出るよと書かれています。

果たして、今日みたら速報ニュースで出ていました。

Jerry Seinfeldのレモネードスタンド

いくつかのニュース速報に出ていました。

ニュースでは、Jerry Seinfeldのレモネード・スタンドと書かれていますが、建前的には「Jerry Seinfeldの子供」のはずですが、自主的にやったものではなく、親がやらせたというのを言外に匂わせている気がします。趣旨としてはチャリティーですがアレックスのではなくJerryの友人が立ち上げたものだそうです。

Jerry Seinfeld

ウィキペディアを見ると、アメリカのコメディアン、俳優、ライター兼プロデューサーと書かれています。

閉鎖された理由

ニュース記事の中に書かれていましたが、建てていた場所が「飲食店禁止」の場所で、周辺住人の苦情で警察が摘発したようです。

ニュース記事に出ていますが、Jerryが子供たちを並ばせて頭の後ろで手を組ませてポーズをとらせ、歩いてくる警官と同じフレームで写真を撮ってインスタグラムにアップロードしています。

"Lemonade dreams crushed by local neighbor, but not before raising lots of money for @loverecycled," Jessica Schneider wrote on Instagram. "Thanks to all of our customers and big tippers!"
出典:前出CBS News記事

売名というか、悪意しか感じません。コメントを読むと、彼らに批判的な人も結構多いです。

アレックスのレモネード・スタンドの時代と違って、衛生面での不安が大きいですし、アメリカでもこの例のように「大人が子供にやらせる」ものになっているのかもしれませんね。僕は子供がやっているレモネード・スタンドを見たことはありません。ボーイ・スカウトやガール・スカウトが物を売っているのを見ることはあります。

子供の小遣いにするため、とかチャリティーだからという理由で買うのだったら、工場で作られたものをそのまま買うスタイルでも、風情はありませんが良いかもしれません。

November 2017
Mo Tu We Th Fr Sa Su
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3

ログイン(DISQUS/Facebook/Twitter/Google)なしでもコメントでき、その場合管理人の承認後表示されます。