生活必需品のガソリン。これ無しではどこにも行けません。最近、原油価格の低下に伴ってガソリン価格も下降しています。日本のニュースにも「ガソリン価格25週連続低下」と出ていました。つい半年前には、1ガロン3.5USD(当時リッター97円程度)だったガソリンが、今や安いスタンドだと1ガロン1.9USD(リッター58円程度)です。これは嬉しいです。毎月20ガロンは使いますので、毎月少なくとも3000円は安くなっている計算です。ちょっと遠くの大都市までの交通費差額は、往復5000円!

ガソリン価格

ガソリン価格チャート(GasBuddyなど)を見ると日本もアメリカもグラフの急落ぶりは同じですが、日本よりガソリン税が安い分だけ原油価格が少し変わると家計への影響度合いが大きいです。こちらのほうがガソリン自体は安いですが日本よりも車が大きいので、月々のガソリン代はそんなに変わらないかも知れません。

車が大きいのは無駄といえば無駄です。でも、買い物に出かけたときにたくさん買っても簡単に載せられますので便利です。また、日本よりも「制限速度が速く」「道が悪い」ため、日本で乗っていたのと同車種に乗ると振動が酷いです。自分で車を運転し始めて以来車酔いすることはなかったのですが、試乗で気持ち悪くなりました。さらに、道がまっすぐなのでハンドルが重めのほうが運転しやすく感じましたので、「乗り心地が良い車」を選んだら大きい車になっていました。

燃費表示・・・

と、自分の運転している日本車のスペックを見てみますと、総合性能21mpgです。mpgは、マイル・パー・ガロンなので、日本の表示に直すと、21(mile/gallon)×1.6(km/mile)÷3.8(litter/gallon)=8.8(km/L)。

?

え"。こんなに悪いの!?

基準が違うのかと、プリウスのスペックで検索したところ、どうも測定基準が違うようです。大体日本の半分くらいの数字になるようですので、燃費17弱、と考えれば納得です。

そういえば、アメリカのガソリンは日本よりもバイオエタノール含有率が多いはずで、何種類か選べる、とどこかで見た覚えがあるのですが、スタンドの表示に「小さくエタノールが入っていることがある」程度の記載しかないところがほとんどのような印象です。今度給油するときにじっくり見てみようかと思います。

特定エリアのガソリン相場

別の記事『ガソリンスタンドの使い方』に、特定のエリアの郵便番号を入れると現在のガソリン相場が出てくるウィジェットを設置しています。旅行前などにどうぞ。

高速道路を使って旅行していると、少し移動するだけで1割~2割近く値段が違うことが結構あります。旅行中の給油は計画的に・・・。(暗くなってから給油するのと、危険エリアでの給油は危険です)

November 2017
Mo Tu We Th Fr Sa Su
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3

ログイン(DISQUS/Facebook/Twitter/Google)なしでもコメントでき、その場合管理人の承認後表示されます。