アメリカ国内で販売されたフォルクスワーゲンのディーゼルエンジン車の一部に当局の検査を誤魔化すためのプログラムが仕込まれていたことが発覚し、日本でも連日ネットニュースで伝えられています。

フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲンは、ドイツ・ヴォルフスブルクに本拠地を構える自動車メーカーでヒトラー率いるナチス政権下で国策企業として発足した企業です。

日本のトヨタ自動車に2012~2014年まで一位を明け渡していましたが、それまでは世界一位の販売台数を誇っており、今回のディーゼルエンジンの不正がなければ、2015年はおそらく一位に返り咲いていたと思われます。

2014年は、フォルクスワーゲン・グループが世界販売台数トップになるのではないかと思われていたが、最終的にはトヨタが1,023万台を売り上げ、世界一の座に就いた。トヨタは3年連続で首位となる販売台数を記録しているので、「世界一の座を守り続けた」と言うべきだろう。フォルクスワーゲン・グループは世界で1,014万台を売り上げ、トヨタについで2位となった。3位には992万台のゼネラルモーターズが続いている。
トヨタもフォルクスワーゲン(VW)も、年間販売台数が1,000万台を超えたのは今回が初めだ。トヨタは日野自動車とダイハツ工業を含め、グループ全体の販売を3%増加。この背景には日本と米国での強い需要がある。だが、こうした先進国市場での強みは、今年のタイトルを保持できなくなる原因になるかもしれない。
出典:『トヨタが3年連続で販売台数世界一の座を維持! ただし今年は苦戦も予想』(Autoblog)

米国でのフォルクスワーゲン

見ていると、フォルクスワーゲンは日系自動車メーカーやアメリカビッグ3と比べるとやや少ないような気がします。フォルクスワーゲンよりもHyundaiやKIAのほうが良く走っています。(地域差があると思いますが・・・)

ライバルのトヨタ自動車と比べると、アメリカのウェイトが小さく、ヨーロッパや中国、インド市場よりも力が入れられていないと思います。

世界中の工場リスト(Wikipedia)を見ると、アメリカ合衆国内の工場は1箇所のみで従業員数2000人、生産能力は15万台だそうです。メキシコ国内には従業員数1万3500人の工場がありますので、メキシコからNAFTAによる自由貿易で入ってきているのかなと思います。

アメリカ国内での販売は、2012年で60万台程度でしたので、アメリカ国内での生産分は25%程度です。

米国のトヨタ工場

対するトヨタ自動車は、米国内に工場が多くあり、ネット上で従業員数は見つかりませんでしたが、公式ウェブサイト上で製造能力(2015年見込み)が書かれていました。

所在地 製造能力
ケンタッキー州 46万6千台
インディアナ州 35万台
テキサス州 23万7千台
ミシシッピ州 18万9千台
スバル工場 9万3千台

 

合計でアメリカ国内での年間生産台数は133万5千台です。販売台数は2012年データで200万台あまりでしたが、カナダで32万台ほど生産が多いようなので、アメリカでの販売の80%はアメリカかカナダでの生産分のようです。(生産している車種とかを考えると違うのでしょうが)アメリカ国内生産分でも65%を越えます。

部品がどの程度アメリカ国内生産かは分かりませんが、フォルクスワーゲンと比べると圧倒的にアメリカ国内での生産を進めてきたのが分かります。2009年から2010年にかけてのトヨタ急発進問題でのリコール、裁判で、かなり叩かれていたのですが、それでもネット上には、「日本の会社だけど、アメリカで作っている。GMよりもアメリカに貢献しているんだ」というような意見の書き込みもありました。

トヨタの急発進問題

2009年に問題にされ、大規模リコールと多くの訴訟を引き起こした「急発進問題」は、2014年3月にアメリカ司法省との和解で終結しました。

自動車オーナーとの集団訴訟で30億ドル、司法省への制裁金(和解)が120億ドルとされています。当初訴えられていたクルマ自体の欠陥は否定されていたのですが、巨額な和解金が話題になりました。

2009年から10年にかけて複数のトヨタ車に対して発生した「意図せぬ急加速問題」では、豊田章男社長自身が米議会の公聴会で証言した後に、アメリカの運輸省当局は基本的な自動車の電子制御に関する欠陥はなかったことを明らかにしています。
 その一方で、この問題に関する民事訴訟では、トヨタ側は最終的に和解に応じており、その総額に関しては訴訟費用等を入れると30億ドル(3000億円)以上になると言われています。
 更にこれに加えて、先週3月19日にトヨタは米司法省との「和解」に応じており、12億ドル(1200億円)の和解金を支払う代わりに「刑事訴追」を免れることとなりました。
出典:『トヨタが1200億円の和解金を払った理由とは?』(ニューズウィーク日本版 via Biglobe)

今回のフォルクスワーゲンの事件では、司法省の制裁金が最大2兆円に登ると予測されています。

フォルクスワーゲンの不正エンジン

今回のフォルクスワーゲンの問題が一般に発覚したのは2015年9月18日です。

研究員らは排ガスの量を計測する機器をこれらの自動車に装備し、異なる走行速度でどれほどの汚染物質がエンジンから排出されるかを測った。ただ、固定された試験台の上で行われる一般的な排ガス検査とは違い、研究員は路上でこれら自動車を何百マイルも運転し、その過程で汚染物質の量を計測した。
 研究結果は研究員らを戸惑わせた。BMW車の排気量は検査室で行われた結果と同じかそれ以下だったのに対し、VW車の排気量は想定数値を大きく上回っていたためだ。
出典:『VWの不正発覚、きっかけは米大学付属機関の研究』(ウォールストリートジャーナル)

不正プログラム

フォルクスワーゲンの自動車で排気ガスが想定を上回っていたのは、エンジンの制御システムで、排気ガスのテストを行うときにだけ排気ガスを綺麗にするモードを有効にし、それ以外では排ガスを綺麗にしないというものだったようです。

テスト時に排気ガスを綺麗にできるシステムがあるのに、普段は使わないということは燃費性能や加速性能など、消費者に直接分かる部分が排気ガスクリーンモードでは満足いかなかったということなのでしょうか。いずれ分かってくると思います。

株価暴落

問題発覚後、フォルクスワーゲンの株価は暴落しています。

CNNに、大株主のカタール政府に大きな損失という記事が出ていました。

Volkswagen emission cheating scandal has already cost Qatar nearly $5 billion.
The oil nation is one of the largest shareholders in Volkswagen (VLKAF), with a 17% stake in the company. As the company's shares plunged, the tiny oil nation saw billions of its investments vanish.
出典:『Volkswagen emission cheating costs Qatar $5 billion』(CNNMoney)

フォルクスワーゲン株を17%保有しているカタール政府の被った損害は、数日で50億ドル(6000億円)に上っているそうです。

経営破たんへの懸念は?

アメリカで不正プログラムが仕組まれていたのは48万2000台とされていますが、世界では現在の概算で1100万台に上る見込みだそうです。アメリカだけでも司法省の制裁金だけで最大2兆円に膨れ上がる可能性があるのに加えて、集団訴訟もあるでしょう。

Volkswagen, the largest carmaker in the world, is accused by regulators of using illegal "defeat device" software that causes 482,000 of its diesel cars in the U.S. to cheat on emissions standards tests. The Environmental Protection Agency is asserting that these cars emit up to 40 times the legal limit of nitrogen oxides during normal operation.
"Every reason that I bought the car was based on a lie," Ari Levin, a 2010 diesel Jetta owner in New York who is suing Volkswagen, said Tuesday.
The affected cars have a Type EA 189 diesel engine. The cars built with this particular engine include the Volkswagen Jetta, Beetle, Audi A3 and Volkswagen Golf diesel models from 2009-2015, as well as the 2014 and 2015 Passat. Volkswagen told dealers to halt sales of both new vehicles and certified pre-owned cars equipped with the 4-cylinder 2.0 TDI (turbodiesel) engine. Audi has also implemented a stop-sale for its only model with that same engine, the A3 2.0 TDI.
出典:『What Volkswagen Diesel Car Drivers Should Know』(ABC news)

(このリンクページに、オーナーはどうしたら?ということが書かれています。不正があったとしても車自体は普通に動くので、とりあえず様子を見てフォルクスワーゲンの対応を見ようというようなことが書かれていました。)

さらに、ドイツでも同様の不正があったことを認めています。費用負担は途方もない額になるのは間違いなさそうです。

巨額の損失を出すことになりそうなので、今後が心配されるのですが持ちこたえるだろうという分析記事がCNNにありました。

Can Volkswagen survive the diesel emissions cheating scandal? Probably. Will its stock ever get back to where it was before? That's another story.
出典:『Volkswagen has plunged 50%. Will it ever recover?』(CNNMoney)

 

November 2017
Mo Tu We Th Fr Sa Su
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3

ログイン(DISQUS/Facebook/Twitter/Google)なしでもコメントでき、その場合管理人の承認後表示されます。