今から10年前の2005年8月、アメリカ南部に巨大なハリケーン(台風)・カトリーナが上陸し甚大な被害を与えました。

10年の記念日でオバマ大統領が演説(CNN.com:『Obama: There is still grief in our hearts after Katrina』)を行いました。

Hurricane Katrina

カトリーナは、2005年8月23日にハリケーンになり8月31日までの間に1,836名の死者を出しました。

カトリーナが最初に上陸したのはフロリダ州ですが、一旦カリブ海に抜けた後ルイジアナ州に再上陸し、ルイジアナ州とミシシッピ州で猛威を振るいました。ルイジアナ州の南にあるニューオーリンズの被害が特に有名です。

ハリケーン・カトリーナ、フロリダからルイジアナを通ってオハイオへハリケーン・カトリーナの動き

CNN.comに被害から10年の特集ページ『Hurricane Katrina 10 years Later』が出来ています。

 

ニュー・オーリンズ

ルイジアナ州ニュー・オーリーンズはアメリカの中でも観光名所として有名で、特にジャズ発祥の地とされて観光客が多い町です。

ニューオーリンズは、全米でも有数の観光都市であり、多くの見どころ、観光名所が存在する。まず有名なのは、フランス、スペインの植民地時代の街並みを残すフレンチ・クオーターである。カナル・ストリート、エスプラネード・アベニュー、ランパート・ストリートの3つの通りとミシシッピ川で区切られたこの地域の中には、世界的に有名な名所が数多い。多くのバー、ライヴハウス、土産物屋が軒を連ねるバーボン・ストリート、アンティーク街として著名なロイヤル・ストリート、北米最古の大聖堂、セントルイス・カテドラルとその前に位置するジャクソン・スクウェア、伝統的なジャズのライヴ演奏が聴けるプリザベーション・ホール、カフェオレとベニエ・ドーナツが有名なカフェデュモンドなどは皆クオーターの中に位置している。
フレンチ・クオーターを出てアップタウン方面に行けば、洒落たショッピング街として知られるマガジン・ストリート、オーデュボン公園とオーデュボン動物園がある。またセントチャールズ・アベニューには、世界最古と言われる古風な路面電車が走り(公共輸送機関の項参照)、19世紀の豪邸が建ち並ぶ美しい街並みが広がる。 また、ニューオーリンズは特殊な形式の墓も有名であり、ラファイエット墓地、セントルイス墓地などは、国家歴史登録財に指定されている。美術館としては、コンテンポラリー・アーツ・センター(CAC)、ニューオーリンズ・ミュージアム・オブ・アート(NOMA)などがある。広大なミシシッピ川には、蒸気船のナチェス号が浮かび、ミシシッピ川のクルーズが楽しめる。
出典:『ニューオーリンズ』(ウィキペディア 最終更新 2015/8/7 12:06)

人口減少

甚大な被害のために多くの人がニュー・オーリンズ近郊を離れたことで人口が大きく減少していて、10年経った今でもハリケーン被害前と比べて人口が10万人減ったままです。

"There's still too many people who haven't been able to come back home," Obama said. By some estimates, more than 100,000 African-Americans fled New Orleans following Katrina, never to return.
出典:『In Katrina commemoration, Obama cites inequities 'brewing for decades'』(CNN.com)

貧困

カトリーナの被害をもっとも受けたのは、貧困層だといわれています。オバマ大統領の演説の中でも出てきています。

"Our work here won't be done when almost 40% of children still live in poverty in this city. That's not a finished job. That's not a full recovery," he said, going on to cite statistics showing African-American households in the city earn more than 50% less than their white counterparts -- a figure well above the national average.

...中略...

The average household income stands at $33,557 per year -- $4,000 less than it was in 2000, five years before the storm. Nearly one-third of the population lives below the poverty line, more than twice the national average.


出典:上記CNN記事

今でも子供の40%が貧困に苦しんでいて、黒人の世帯収入が特に低く、地域の世帯収入を見てもカトリーナ前と比べて4000ドル少ないままだそうです。

参考:『ニューオーリンズ:「残されているのは、病人、老人、貧困層、子どもたち」』(ブログ:CAFE PACIS)

 

過去最悪の熱帯低気圧

インド洋・太平洋・大西洋のいずれの海でも熱帯低気圧が起こります。呼び名はサイクロン、台風(タイフーン)、ハリケーンと変わりますが、どれも熱帯低気圧です。過去には、カトリーナよりも大きな被害をもたらしたものがいくつかあります。

グレート・ハリケーン

200年以上前の1780年に起こったハリケーンで、南アメリカ北部に壊滅的な被害を与えました。2万人以上がなくなったとされています。

ボーラ・サイクロン

1970年にインド・パキスタンに襲来したサイクロンです。最低24万人(30万人~50万人)が亡くなったとされています。

伊勢湾台風

1959年に日本の紀伊半島から東海地方にかけて上陸した台風(台風15号)です。死者4697名、行方不明者401名を数えました。50年以上経った今でも、大型の台風に対して「伊勢湾台風並み」などの呼び方をすることがあるほど大きな被害をもたらしました。

伊勢湾台風の大被害により、日本の防災対策は根本からの変更を迫られた。被災から2週間後の1959年(昭和34年)10月9日には、当時の科学技術庁長官中曽根康弘を委員長とする臨時台風科学対策委員会が設けられ、現地を視察した中曽根は防災のための立法措置を示唆している。そして、1961年(昭和36年)1月に「災害対策基本法」が公布された。防災対策を総合的かつ計画的に進めることとし、防災計画の作成、市外予防、災害発生時の対策や救援、復旧等の基本がまとめられたものである。
出典:上記リンク(ウィキペディア 最終更新 2015/8/19 04:21)

 

カトリーナ5年目との違い

カトリーナのあと5年目の2010年のときも大統領は現大統領のバラク・オバマ氏でした。前回もコメントを出していますが、前回との違いについて前出のCNN記事に書かれていて、今回のほうが人種について踏み込んだ発言になっているということです。

前回は一期目の2年目大統領だったのですが、今回は二期目が終わりに差し掛かっているところですので、より自由な発言になっているようです。(アメリカの大統領は3選できません)

CNN記事ではあまり言葉自体は書かれていません。『Obama to New Orleans 10 Years After Katrina: 'You Inspire Me'』(NBC News)などに出ているほか、ホワイトハウスウェブサイトにも出ています。

Remarks by the President After Touring Faubourg Lafitte Neighborhood, New Orleans, LA

1:11 P.M. CDT
THE PRESIDENT: I’m going to have a chance to make a longer set of remarks later, but I just wanted to point out where we are. The Faubourg Lafitte area in Tremé is part of one of the most historic districts in New Orleans and Louisiana and America. A lot of folks think this is where jazz really first started taking root. It is obviously close to downtown and the French Quarter, one of the most important historic African American communities in the country.
And like so much of this area, it was devastated during the storm. But what you're seeing here is an example of the incredible federal, state, local partnerships that have helped to revitalize this community -- not just with this housing, which is all new, and was helped -- funded through a program called Hope IV -- but also a new school in that direction, a community center in that direction. And part of our goal has always been to make sure not just that we recovered from the storm, but also that we started dealing with some of the structural inequities that existed long before the storm happened.
And I’m going to say nice things about him later, but I’m going to make sure to say that none of this would have happened had it not been for the outstanding leadership of Mayor Mitch Landrieu, who has been just an unbelievable partner throughout this entire process. We're really proud of what he’s doing. You can see the results here.
Now, just because the houses are nice doesn't mean our job is done. This is a community, obviously, that still has a lot of poverty. This is an area where young people still, too often, are taking the wrong path before they graduate from high school. This is a community that still needs resources and still needs help.
But the fact that we can make this many strides 10 years after a terrible, epic disaster I think is an indication of the kind of spirit that we have in this city. And it’s reflected in our Mayor. So we're proud of you.
Okay, guys, we're going to see you later.
1:13 P.M. CDT

 

November 2017
Mo Tu We Th Fr Sa Su
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3

ログイン(DISQUS/Facebook/Twitter/Google)なしでもコメントでき、その場合管理人の承認後表示されます。