2015年7月17日、カリフォルニア州で山火事(wildfire)が高速道路に飛び火して車が燃えた事件がありました。アメリカでは毎年6月~9月ごろにかけて大きな火事がニュースになります。

日本は湿潤だから山火事は少ないのかと思っていましたが、毎年1000ヘクタール前後が山火事で消失しているらしいです。

 

山火事:wildfire

英和辞典では、wildfireの訳語として「野火」と出ています。

英語の辞書では、

wildfire

  • a fire in a wild area (such as a forest) that is not controlled and that can burn a large area very quickly
  • a sweeping and destructive conflagration especially in a wilderness or a rural area

"Wildfire." Merriam-Webster.com. Merriam-Webster, n.d. Web. 18 July 2015. <http://www.merriam-webster.com/dictionary/wildfire>.

 主に森林火災のことのようですので、日本語訳は山火事で良さそうです。

 

山火事の原因

林野庁のウェブサイトを見ると、

山火事の直接的な原因にはどのようなものがあるの?

発生した林野火災のうち14%については、原因が不明となっていますが、原因が明らかなものについてみれば、「たき火」が29.6%で最も多く、次いで「火入れ」、「放火(疑い含む)」、「たばこ」となっています。 このように、我が国の林野火災は、落雷など自然現象によるものは極めて稀で、そのほとんどが人間の不注意などによるものであることが分かります。


出典:林野庁ウェブサイトより

 ほとんどすべてがヒトによって起こっているようです。アメリカではどうかというと、

Wildfire Causes

Wildfires can be caused by nature?like lava or lightning?but most are caused by humans. 

Humans and Wildfire As many as 90 percent of wildland fires in the United States are caused by humans. Some human-caused fires result from campfires left unattended, the burning of debris, negligently discarded cigarettes and intentional acts of arson. The remaining 10 percent are started by lightning or lava.


See more at: National Park Service

やはりほとんどがヒトが関わっていて、約90%はヒトによる火災だそうです。残りの10%は火山や雷によって起こる火事です。

「自然に発火して、木の肌と草を焼いて森を再生させるのだ」という風にどこかの国立公園で習ったような気がするのですが、自然に起こる山火事はむしろ稀です。

アメリカの山火事

2013年にヨセミテ国立公園で大規模な火災がありました。一度に1000平方キロを焼いたそうです。東京都23区の広さが600平方キロあまりですから、すごい広さです。これほど広い範囲を焼くようなことは毎年あるわけでありませんが、アメリカでは毎年のように大きな山火事が話題に上ります。

高速道路に火事が飛び火

今年も、山火事のニュースがいくつか出てきています。2015年7月17日、カリフォルニア州のサンディエゴ近くで山火事が高速道路に飛んで、多くの車が炎上しました。(参照:上記2015/7のCNNニュース)

ニュース映像を見ると、かなり危なそうです・・・。

ドローンが邪魔に

事故現場の高速道路上空をドローンが飛行していて、消火活動が十分に行われなかったそうです。

ニュース

ドローンは日本でも問題になってきているので、他人事ではないですね。

 

アメリカの高速道路

アメリカの道路は、名前がついているものもありますが、大きな道路には日本では県道▽号とか国道△号に当たるような、州名-▽、US-△という番号が振られています。その他に、高速道路で州をまたぐものは、Interstateと呼ばれます。

今回火事に遭った道路はI-15で、カリフォルニア州サンディエゴから、ロサンゼルスの付近を通り、ネバダ州ラスベガスやユタ州ソルトレイクシティを通過してアメリカの北端まで縦断する道路です。

アメリカのInterstateは、偶数番号が東西、奇数番号は南北に走る道路を指しています。どちら側に向かって走行するかで、I-15NorthやI-15Southと言います。都市圏を走っている環状線でなければ、走っているうちに方向が変わっていくことは(基本的には)ありませんので、日本の高速道路表記よりも分かりやすいです。

 

山火事に遭ったら・・・

山火事に遭ったときに助かる方法という記事がありました。参考:『How to Survive a Wildfire

ちょっと実行できないんじゃないかということも多いのですが・・・

  • 逃げられるなら登る方向をさけ、下る
  • 針葉樹は脂分が多くて燃えやすいことがある
  • 洞窟があれば逃げる
  • 水にもぐるなら、水面近くは避ける
  • どうしようもなければ、土をかぶってうつ伏せでやり過ごす。顔の前に手でスペースを作る。
  • やり過ごせたら風上へ逃げる

山火事の広がる速度は平均で時速8km、でも最速だと30秒で600m(時速72km)だそうです。風が強い瞬間は逃げるのは無理ですね。

November 2017
Mo Tu We Th Fr Sa Su
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3

ログイン(DISQUS/Facebook/Twitter/Google)なしでもコメントでき、その場合管理人の承認後表示されます。