今日、2015年6月25日午後7時(アメリカ東部時間、日本時間26日午前8時)からアメリカのプロバスケットボールリーグ(NBA)の新人ドラフト会議がニューヨーク市で行われました。3月から4月にかけて行われたMarch Madnessで活躍した選手たちが多くNBAに参加していきます。

March Madness

March Madnessというのは、アメリカの大学バスケットボールトーナメントのうち、主にUniversity(大学)が参加するDivisionIのトーナメントのことです。他にリベラルアーツやコミュニティカレッジが参加するDivisionII、DivisionIIIもありますが、全国的にみなが熱狂するのはDivisionIのトーナメントで、3月の熱狂、マーチマッドネスと呼ばれています。

テレビでも人気番組です。

今年のMarch Maddness 2015の関連記事のうち、主なものをあげておきます。

 

NBAドラフト

NBAのドラフトは、毎年6月末に行われています。2015年は6月25日にニューヨーク市ブルックリンにあるバークレイズ・センターで開催されます。

ドラフトの対象になるのはプロ志望届けを出した選手だけですが、日本のプロ野球ドラフト会議と違って大学在学中に出すことが出来るので、大学1年生(フレッシュマン)や2年、3年の選手が多くドラフトで指名されていきます。

そのため、March Madnessに出場する選手ですごく活躍するような選手はすぐにプロになっていきますので、大学によっては毎年出場選手がまったく違うということが良く起こります。今年のケンタッキー大学は特に顕著で、7人がプロ志望届けを出しています。バスケットボールはフィールドには5人しかいませんので、7人入れ替わる可能性があるというのはすごいことです。

 

モック・ドラフト

モック(Mock)というのは模擬・疑似という意味で、よく家電量販店などにおいてある形だけ似ているけれど動かない製品見本などを「モック」と呼んでいます。モック・ドラフトはMarch Madnessから始まっていて、多くの人がどのチームが誰を指名するのか、誰が一番人気かというようなリストを作って楽しむものです。

「NBA mock draft」と検索するとたくさんのウェブサイトが出てきます。

 

ドラフト指名順

ドラフトは指名順が決まっていて、その順番で指名されます。そのため、日本のプロ野球ドラフトと違って抽選したりということはありません。(指名順は抽選されていますが)

スポーツ専門テレビ局ESPNで放映されますが、March Madnessと違って有料放送です。

選手の解説や指名順について詳しいウェブサイトを貼っておきます。(参考:『NBA Draft 2015: TV Schedule, Live Stream Coverage, Top Prospects and Predictions』bleacher report)

 

指名もれの選手

日本のプロ野球ドラフトと違って、指名権をトレードしたり指名された直後にトレードされたりもして結構複雑です。ドラフト指名は2巡しかないので、指名選手は60名です。当然、プロを志望していてもドラフトにかけられても指名されない選手も出てきます。そういう選手たちは、浪人したりフリーエージェントで所属先を探したりします。

ESPNでは、

  • Cliff Alexander(Kansas)
  • Ryan Boatright(UCONN[University of Conneticut]コネチカット大学)→ Los Angeles Clippers?
  • Aaron Harrison(Kentucky)→ Charlotte Hornets
  • Brandon Ashley → Los Angeles Lakers
  • Christian Wood
  • Quinn Cook

が取り上げられています。ESPNのツイートには上位3人の写真が載せられています。

最上位のCliff Alezander選手は、今期が始まる前はドラフト1位指名されたKarl-Anthony Towns(ケンタッキー大学)よりも高評価を得ていたのですが、怪我で出遅れたのととスキャンダル(プロチームからの裏金)でMarch Madnessの見せ場で出場停止を受けたことから指名もれしています。

2番目~4番目にリストアップされていた3選手は、それぞれ7月4日から20日にかけて行われるサマーリーグにClippers、Hornets、Lakersから参加するようです。

別のメディアからも何人かリストアップされていて、多くはESPNのものと重複しています。

ツイッター、フェイスブック、インスタグラムでの扱われ方から独自の指標(MVPindex)を出しているところがあって、上位2人はAaron Harrison選手とQuinn Cook選手でいずれも指名されませんでした。指名確実な選手よりも話題に上りやすいのかもしれませんが、サマーリーグでの注目選手になりそうです。(参考:『Kentucky G Aaron Harrison Tops For Digital Brand Value Among NBA Draft Prospects』Sports Buisiness Daily)

November 2017
Mo Tu We Th Fr Sa Su
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3

ログイン(DISQUS/Facebook/Twitter/Google)なしでもコメントでき、その場合管理人の承認後表示されます。