2015年5月25日の戦没者追悼記念日(メモリアルデー、戦没将兵追悼記念日)が過ぎました。毎年5月の最終月曜日に設定されているため、3連休でした。

そのため、たくさんの人が帰郷します。日本のお盆のような感じでしょうか。日本では盆休みはなかったので移動が大変で辛かった気がします。

今まではメモリアルデーに気づかないまま過ぎていくのですが、今年は5月17日の『テキサス州でのバイカーギャングの事件』や『反イスラム団体イベントで銃撃戦、テキサス州ダラス郊外』、『メリーランド州ボルチモアで暴動』など多くの事件があった中での連休でしたので、『メモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)の祝日』に書いているように例年よりも警戒が強かったようdす。

今年は3700万人のアメリカ人が帰郷・旅行をしたらしいです。研究室でも遠くの家族に会いに行った人、遠くから家族が来た人が居ました。

 

オバマ大統領の演説

メモリアルデーには、恒例の戦没将兵追悼記念式典が行われ、アーリントン国立墓地(Arlington National Cemetery)でバラク・オバマ大統領のスピーチがありました。

President Obama honored the nation's fallen Monday by pointing out that this is the first Memorial Day since the end of combat operations in Afghanistan — and the first Memorial Day since 9/11 in which the United States is not involved in a major ground war.
"Most Americans don't fully see — don't fully understand — the sacrifice made by the 1% who serve in this all-volunteer armed forces," Obama said during the annual Memorial Day ceremony at Arlington National Cemetery.
出典:『Obama hails first Memorial Day since end of combat in Afghanistan』(USA Today)

9/11(2001/9/11のアメリカ同時多発テロ)以来、14年ぶりに大規模な地上戦をしていない中でのメモリアルデーだと言っています。今でも教練部隊が出ていたりしますが、アフガニスタンから撤兵したので確かにその通りです。ずっと戦争状態を維持できているのは国力なのかなあとは思いますが・・・

この手の記事・スピーチによく出てくる単語で戦没将兵を指すものは、「fallen heroes」です。上記の記事では、「fallen」「heroes」どちらも戦死した人のことをさしています。日本語では「英霊」とほぼそのままです。「英霊」は日露戦争(1904–1905年)以降から使われているようですが、英語などの外国語を訳したものなのか、たまたま同じ単語になっているのかは分かりません。

また、「all-volunteer armed forced」と記事中に書かれています。徴兵制ではなくて志願制の意味ですが、

volunteer

  1. a person who chooses to join the military
  2. a person who does work without getting paid to do it
: a person who voluntarily undertakes or expresses a willingness to undertake a service: as
a : one who enters into military service voluntarily
b (1) : one who renders a service or takes part in a transaction while having no legal concern or interest
(2) : one who receives a conveyance or transfer of property without giving valuable consideration

"Volunteer." Merriam-Webster.com. Merriam-Webster, n.d. Web. 26 May 2015. <http://www.merriam-webster.com/dictionary/volunteer>.

イメージ的には2番目の意味(=ボランティア)を主に連想してしまいます。(辞書には他にももう少し意味が載っています)

定義的には、voluntarilyに参加することのようです。voluntaryの意味は、

voluntary

  1. done or given because you want to and not because you are forced to : done or given by choice
  2. provided or supported by people who do work without being paid
  3. doing work without being paid

"Voluntary." Merriam-Webster.com. Merriam-Webster, n.d. Web. 26 May 2015. <http://www.merriam-webster.com/dictionary/voluntary>.

と一番最初は「強制されないで参加する」こと、2番目・3番目に「ボランティア」なので日本語のボランティアとはだいぶ違いますね。

 

飛行機10機超に脅迫

メモリアルデーと直接関係あるかはまだ分かりませんが、ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港(以下、JFK空港)、ニュージャージー州ニューアークのニューアークリバティ国際空港、ニューヨーク州バッファロー空港(バッファロー・ナイアガラ国際空港、ナイアガラの滝への空港)、ジョージア州アトランタのハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港に向かっていた航空機に関して匿名の情報が寄せられ、米軍機がスクランブル発進する件が少なくとも10件ありました。(空港名は、JFK空港以外は都市名から僕が補完したので間違っているかもしれません。間違っていたらすみません)

米戦没者記念日(メモリアルデー)の25日、米国内の複数の都市に向かう旅客機をめぐり、当局に10件以上の脅迫電話があった。米連邦捜査局(FBI)が捜査に乗り出したものの、異常は見つからなかった。
最初に脅迫を受けたのはメリーランド州警察とされる。パリ発ニューヨーク行きのエールフランス便を攻撃するとの電話が入ったため、FBIに通報した。これを受け北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)がF15戦闘機2機を緊急発進させ、同機を大西洋上空からニューヨークのジョン・F・ケネディ空港まで誘導した。
出典:『米国行き旅客機、10件以上の脅迫 FBI捜査』(CNN.co.jp)

日本語版の元記事『FBI investigates threats against Memorial Day flights』(CNN.com)にも化学兵器という文章はありませんが、ロイターの記事にあるようにエールフランス22便に化学兵器が載っているという脅迫電話だったようです。テキストには書かれていませんが、記事についている動画ではchemical weaponと言っています。

いずれも、実際の脅威は見つからなかったそうです。JFK空港に降りたエールフランス便の乗客がインタビューに答えて、搭乗中は何も変わったことには気づかなかったと言っていますので、航空機上では特に混乱はなかったようです。

 

国会(Capitol)近くに爆発物処理班

もう一つの事件は、メモリアルデーで混んでいた首都ワシントンD.C.でアメリカ国会の裏の道路に駐車されていた車の中にガスボンベと圧力鍋が見つかったため、爆発物処理班が窓ガラスを割って車内から取り出して処理するという事件がありました。これも、メモリアルデーとの直接的な関係はよく分かりません。

A pressure cooker in a parked car on the National Mall aroused the suspicions of Capitol Police in Washington on Sunday, and they called out a bomb squad to do away with it.
Officers spotted the car on routine patrol and found it suspicious. Inside were the pressure cooker and what appeared to be a propane tank. Officers smelled gasoline, U.S. Capitol Police said in a statement.
出典:『Capitol Police destroy pressure cooker in suspicious car on National Mall』(CNN.com)

ニュース動画の前半は航空機の話で、後半1分24秒あたりからがワシントンD.C.の話です。

動画では、今回の処理をしている動画なのかどうかよく分かりませんが、その場(もしくは近くのどこか)で圧力鍋を破壊する映像が流れます。爆発物処理というと、日本では不発弾の処理で、人が近づかないようにはするものの、不発弾をどかーんとやったりはしません。国柄の違いなのか、爆発物としての性質の違いのなのか分かりませんが、日本の映画・テレビドラマの見すぎですね・・・たぶん

なお車の所有者は、無効になった免許で運転していたことで検挙されたそうです。

 

大雨で死者・ダム決壊寸前

事件ではなく自然災害なのですが、テキサス州で5月としては記録的な大雨を記録しており、洪水で死者が出ています。記事『南部で大雨、多数の死者』に書いています。

November 2017
Mo Tu We Th Fr Sa Su
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3

ログイン(DISQUS/Facebook/Twitter/Google)なしでもコメントでき、その場合管理人の承認後表示されます。