前から話題になっていたビル・クリントン元大統領、ヒラリー・クリントン氏の「黒い金」を告発する本、「クリントン・キャッシュ」が発売されました。記事『新しいクリントン本が出版される』でも扱っていますが、著者は共和党関係者(クリントン氏やオバマ大統領は民主党)です。

ヒラリー陣営の反撃

日本語のニュースでもヒラリー陣営の反撃を報じています。

副題には「外国の政府・企業が(夫の)ビルとヒラリーを裕福にした手法と理由」と記され、夫妻が「クリントン財団」への寄付や講演料を受け取る見返りに、便宜供与を図ったとの主張を展開している。
 これに対し、ヒラリー氏の陣営は5日、「ザ・ブリーフィング」と銘打ったサイトをスタート。書籍に書かれた疑惑への詳細な反論を掲載し、書籍を「ずさんな調査とでっち上げの批判に満ちている。正気でない陰謀説だ」と非難している。
出典:『米大統領選、醜聞合戦が激化=クリントン氏、追及本発売で反論サイト』(時事ドットコム)

ただし、このニュースは正確ではないように思います。「ザ・ブリーフィング」には詳細な反論と言えるほどの中身がありません。

もう少し正確な記事は英語で探すと出てきます。

In everything from YouTube videos to a 42-page opposition report, the Democrat’s camp is aiming to discredit the book’s author and undercut its accusations.
出典:『Hillary Clinton's Campaign Declares War Against 'Clinton Cash'』(National Journal)

 英語の記事では、Youtubeビデオと42ページの反論レポートと書いてあります。

 

the Briefing, on hillaryclinton.com

ザ・ブリーフィングのウェブサイトは、ヒラリー・クリントン氏の広報ページのサブドメイン(briefing.hillaryclinton.com)として設置されていますが、トップページからはリンクがありません。興味がない人には見えないようになっているようです。サイトにアクセスすると、ヒラリー氏のページのサブフォルダに飛びます。

コンテンツは3つあります。

  1. Brian Fallon氏(広報担当選挙スタッフ)によるYoutube
  2. John Podesta氏(選挙スタッフのリーダー)による記事
  3. 10項目の反論

まず、Youtubeのチャンネル「The Briefing」が立ち上がっていて、スタッフによる投稿と、「クリントン・キャッシュ」に疑問を呈していたニュース映像の二つが投稿されています。

反論の記事については、「それの証拠は?」と言われたらそれまで、という気もします。しかし、「なかったことを証明する」のは難しいことです。たとえば、第二次世界大戦中の中国での「事件」とか、「強制連行」など、最近問題になっている事件でも問題になっています。

 

Correct the Record、もう一つのウェブサイト

National Journalの記事にのっていた、もう一つの反論はCorrect the Record上の42項目です。

“CLINTON CASH” DEBUNKED』(Correct the Record)に何処がどう間違っているかという分析が、出典とともに記載されています。長すぎるので読めませんが、最初の方を見る限りリーズナブルな反論に見えます。

この反論レポートについて、National Journalの記事では、pro-Clinton group(クリントンを支持する団体)であるCorrect the Recordと書いています。ネット上でCorrect the Recordを調べてみると、

The group was founded in November 2010 by David Brock, a conservative-turned-liberal activist. After making a name for himself as a self-described “right-wing hit man,” Brock reinvented himself as a liberal crusader. In 2004, Brock founded Media Matters, a liberal website that monitors the media for “conservative misinformation.”
出典:『American Bridge 21st Century』(Factcheck.org)

予算は20億円近くもあるようです。さらに、2010年にCorrect the Recordを設立したDavid Brock氏は、2004年にMedia Mattersを設立したと書いてあります。Media Mattersと言えば、先日書いた記事『新しいクリントン本が出版される』に出てきた、「クリントン・キャッシュ」の著者Peter Schweizer氏を非難していた団体です。

 

早くも泥仕合

2008年にオバマ現大統領が当選したときの選挙戦でも、醜聞合戦が繰り広げられていたのを覚えています。今回はまだ選挙まで1年以上あるのに、早くも泥仕合を始めています。

「クリントン・キャッシュ」の著者側は、主要ニュースメディアに対して本に書いてあるよりも詳細な情報を提供して、本の内容を検証できるようにしていると発表していたと思います。どちらが正しいのか、わかりませんね。

アメリカ人は白黒つけるのを好みますし、みんな信じたい方を信じるだけなのだろうなと思います。

November 2017
Mo Tu We Th Fr Sa Su
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3

ログイン(DISQUS/Facebook/Twitter/Google)なしでもコメントでき、その場合管理人の承認後表示されます。