2015年からフロリダ州マイアミが本拠のMLBチーム、マイアミ・マーリンズ(Miami Marlins)へ移籍しているイチロー選手。日本人選手が活躍しているのを見るのは嬉しいものです。

イチロー選手のイメージ

今までメディアを通して見てきたイチロー選手は、「ひたすらストイックで自分に厳しく他の選手にはあまり関心がない」というものでした。また、特に最近は「チームに溶け込んでいなくて歓迎されていない」というイメージすら出てくるような報道が多かった気がします。

例外は年出ていた、「知られざるイチローのスペイン語力」という記事です。

 日米で衝撃的な記録を達成してきたイチローは、スタンドと同様にフィールドでも国際的なファンを獲得している。それだけでなく、彼は塁上でしばしばスペイン語で気の利いた言葉を口にすることで、大リーグのラテン系選手から一目置かれている。
 試合をじっと見ていると、ラテン系の内野手が出塁したイチローのところにわざわざやって来て、冗談を言い合うシーンに出会うことがある。選手の中には記念品をせがむ者もいる(トロント・ブルージェイズのマイサー・イズトゥリスは、イチローのサイン・ボールを、タイガーズのビクター・マルティネスはサイン入り写真を持っている。そして、ワシントン・ナショナルズのアズドルバル・カブレラはイチローのサイン入りバットを所有している。いや、それを試合で折ってしまうまでだったが)。
 イチローは、そのストイックなイメージに反し、ラテン系の選手とどうしても交流したくなるという。「彼らには親近感を持っている。僕たちは見知らぬ土地の外国人だ。ここにやって来て、同じような困難に打ち勝っていかなければならなかった。多少かじったスペイン語で話しかけると、本当に喜んでくれて、彼らと絆を深められるような気がする。日本語には汚い言葉がないから、西欧の言葉で、日本語では表現できないようなことを言ってしまうのが楽しいんだ」
出典:『知られざるイチローのスペイン語力―ラテン系選手との絆深める』(the Wall Street Journal)

同記事には楽しそうに笑うイチロー選手の写真が出ていました。

 

マイアミ・マーリンズの51番

2015年には、2年間在籍したニューヨーク・ヤンキースからマイアミ・マーリンズへ移籍しました。「ラテン系選手が多いので良いのでは?」という記事を読んだ気がします。

5月現在は、レフトのレギュラー、クリスチャン・イエリッチ選手が故障者リストに入ったため、スタメン(スターティングメンバー)での起用が続いています。その後も、故障者が続出していてしばらくはスタメンでの起用が多そうです。

復帰して来たら、どうしてもスタメンは若手の有力選手になってしまうと思いますので、それまでにできるだけ多くの実績を残せることを祈っています。

 

イチロー選手がスタメンで大活躍

スタメンで起用され続けているイチロー選手は、ホームランを打ったり、決勝点を稼いだりと活躍が続いています。活躍すること自体は、デビューしてからほとんどずっと活躍し続けていますので、凄いことです。でも、それよりも周りの選手たちに慕われているように見えるのがとても嬉しいです。

 

ホームランを打った時にベンチでぺしぺしと叩かれたり、

ホームラン後のインタビューで、なぜかスラムダンクを決められたり、

何だかとても楽しそうなのです。プロ選手ですから、楽しいとかそういう問題ではなく活躍して結果を残さなくてはいけません。でも、「楽しそう」にしているのを見るのは、見ているファンも楽しいのです。

「嬉しくて泣きそう」というコメントも残しています。

「チームメートもファンの人もあんなに喜んでくれたら泣きそうやね。そのことに心を動かされている」と共同電で心境を語ったイチロー。生還したとき、日ごろからイチローを慕う走者のオズナの方が本人より明らかに興奮していた。さらにベンチではいつにもない手荒い祝福も受け、「尊敬されてるのか、なめられてるのか、どっちか分からん」と顔をくしゃくしゃにした。
出典:『イチロー「泣きそう」今季1号』(中日スポーツ) リンク先消滅のためリンクを削除しました

上記の公式ツイート上でイチロー選手を祝福しているのは、背番号からするとRed Brignac選手なのですが、公式ページと顔が違い過ぎてわかりません。

 

今季一番印象的な出来事

今のところ一番印象に残っているのは、王貞治氏の持つ通算得点数を上回った時のニュースです。

チームから記録達成時のホームベースを送られて、ポーズを決めています。これでもかなり衝撃的なのですが、もっと驚いたのは、チームメイトと写っている写真(ホームベースを土台ごと!イチロー、王さん超えのサプライズに感激』Iza)です。

カメラに向かってピースしています。これまでは試合中・練習中以外の姿が露出することが少なかったと思います。

ピースサインをしているのですが、日本式のピースではなくて手の甲を外に向けています。

他にも数人同じサインを出しているので、ラテン系には広まっているのかもしれません。

海外ではピースサインをするのは気を付けたほうが良いとされています。参考:ブログ記事『ピースサインの意味(外国で)

海外では基本的にV-Signと呼ばれていて、Victory(勝利)のイメージが強いようです。ただ、手の甲を相手に見せるようにすると、peaceの意味だとWikipediaにありますが、真偽は不明です。

It has various meanings, depending on the cultural context and how it is presented. It has been used to represent the letter "V" as in "victory", especially by Allied troops during World War II. It is also used by people of the United Kingdom and related cultures as an offensive gesture (when displayed with the palm inward); and by many others simply to signal the number 2. Since the 1960s, when the "V sign" was widely adopted by the counterculture movement, it has come to be used as a symbol of peace (usually with palm outward).

In the United States, the usage of the V sign as a photography gesture is known but not widely used. The original poster for the 2003 film What a Girl Wants showed star Amanda Bynes giving a V sign as an American girl visiting London. In the US, the poster was altered to instead show Bynes with both arms down, to avoid giving the perception that the film was criticizing the then-recently commenced Iraq War.
出典:『V sign』(Wikipedia 最終更新 2015/5/1 11:06)下線は管理人による改変

 出来たら試合を見に行きたいのですが、長時間のドライブになるのでなかなか行けません。

November 2017
Mo Tu We Th Fr Sa Su
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3

ログイン(DISQUS/Facebook/Twitter/Google)なしでもコメントでき、その場合管理人の承認後表示されます。